直葬を行うデメリットは何があるのか?

投稿者:

直葬を行う際にもっとも大きいデメリットはやはりこれになります。

故人とのお別れまでの時間が短いという事です。

 

直葬のデメリット:お別れの時間が短い

故人とお別れする時間というのは、本当に唯一無二の時間であるはずです。

想いを吐き出したり、気持ちを伝えたり、その想いをその場に居る方と共有して過去を楽しんだりと、故人との時間というのは、本当にかけがえのない時間です。

通常のお葬式の場合であれば、告別式の間に十分な時間や、合間合間で、故人との時間を作る事ができます。

ですが、これを省く事が直葬という事ですから、お別れの為の時間が足らない気がしてしまうという方もいらっしゃるわけです。

 

また、これは別の角度からですが、葬儀に参列できなかった人から、不満の超えが上がる可能性もあります。

このあたりは、故人が生前にどのような交流をなされてあったのか?という事にも関わったりします。

 

直葬のデメリット:時間がたつに連れて後悔の念が生まれる可能性も

生前に本人が希望していた場合は、まだ救いがあります。本人の希望だったからと言えるからです。

ですが、本人が特に直葬を希望していなかった時にその考えを受け支えるのは、家族であったり喪主であったりするわけです。

近年では、葬儀にかかる費用をおさえられるという経済的な面や、なかなか葬儀の時間を作ることができないという方など、社会的な様相によりだいぶ理解が深まっている直葬ではありますが、一般の葬儀と比較するとどうしても「簡略化・簡素化されたご葬儀」というイメージがつきまとってしまいやすいです。

ですから、もし貴方も含めて死後の事については、しっかり話し合っておく必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。